読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

Leotax T + Canon 50mm F1.8

 どうもこんばんは。

 

f:id:gingalittle:20170220194107j:plain

 もしやこれはライカ…?

 バルナックライカの黒塗りということは

 Ⅱ型のどれかか…??

 

f:id:gingalittle:20170220194338j:plain

 残念レオタックスでした!! 

 バルナックライカの黒塗りはもっとテカるぞ。

 後塗りは知らん。

 

 マルシンカメラにふらっと寄ってみたら、

 黒いのがあったので購入。

 本来レオタックスのカメラにブラックモデルはない。

 つまり、これは後塗りなのだ。

 個人もしくは業者がやったのだろう。

 綺麗に塗られている。

 バルナックライカ型の黒って、

 めちゃくちゃかっこいい。

 

 本当は隣にあったライカⅢcが欲しかった。

 しかしライカを買うなら、

 レンズもライカのレンズがいい。

 つまりお金がなかったのだ。

 というわけでこのレオタックスと、

 キヤノンの一番安いLマウントレンズを手に入れた。

 エルマーを買えばレオタックスで使えるし、

 そのうちボディが生えてくるから問題ない。

 

 レオタックスも後の方になってくると、

 レバー巻き上げになったりする。

 あと、昭和光学精機銘がないのも後のほう。

 今回のモデルはレバー巻き上げではなく、

 ちゃんと昭和光学精機銘。

 

 せっかく黒ボディなので、

 レンズも黒鏡胴にした。

 これがよく似合う。

 キヤノンのLマウントレンズは

 曇りが発生しやすいらしい。

 オークションとかで買うと

 基本的に曇っていると思っていたほうが良い。

 よほど良い値段設定じゃないと、

 光学がきれいなのは手に入らない。

 だからこのレンズに関しては、

 お店に行って買うほうが良い。

 

 シャッタースピードが500までしかなくて、

 物足りなさを感じる。

 廉価版だから仕方ない。

 レオタックスFなら1000まである。

 

 さてとりあえずフィルムを一本通してみた。

 

f:id:gingalittle:20170220202517j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 + FUJI記録用100)

 絞り5.6でSS50。

 解像力が特別あるわけではないけど、

 納得の写り。

 月並みな言葉で言えば、

 この時代のレンズにしてはとても良く写る。

 今回からしっかり露出を記録するようにした。

 ネガを見ると、ほんのちょっとだけ薄いかな

 というレベルである。

 雨の日だからコントラストが低く見える。

 

f:id:gingalittle:20170220212257j:plain (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 + FUJI記録用100)

 F8、SS50。

 大丈夫、コントラストも悪くない。

 久しぶりにレンジファインダーを使った。

 最短1mだとちょっと困った。

 一眼レフを使いすぎたな。

 

f:id:gingalittle:20170220212720j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 + FUJI記録用100)

 F2、SS200。

 ボケ量も豊富。

 しかし、二線ボケ。

 背景をおとなしめにしなければ。

 

f:id:gingalittle:20170220213142j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 + FUJI記録用100)

 右端が怪しい。

 F2、SS200。

 ぼちぼち慣れていこう。

 

f:id:gingalittle:20170220213443j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 + FUJI記録用100)

 F8、SS75。

 アンダー。

 安いレンズにしてはいいんじゃないか。

 次は何を買おう。

 外付けファインダーがないから先に探すか。

 35mmが欲しい。

 

 で、試写を終えると不具合が見つかった。

 SS500で撮ったコマが全く写ってない。

 どうやら幕が開いてないらしい。

 先幕と後幕が同時に動いてるのかな。

 

 なのでマルシンカメラに持っていった。

 委託品は基本的に保証なんてないはずだが、

 無償修理を引き受けてくれた。

 これからも足繁く通って、

 たくさんカメラとレンズを買おう。

 はやく返ってきてくれ。

 

 

 

 

フィルムカメラと行くグアム島 その3

 どうもこんばんは。

 某九州のラボでは、

 現像料金の未納で大変なんだとか。

 写ルンですが未納の最多らしい。

 まあ十中八九若者じゃん。

 

 写ルンです流行ってる!

 買った!

 撮った!

 現像?しなきゃ!

 どこに出せばいいかわかんない!

 近くにDPEショップない!

 ネットで検索!

 ここのお店は画像がダウンロード式で、人気だ!

 注文しよう!

 作業完了の連絡きた!

 なんかダウンロードできる!

 お金いらないじゃん!

 

 みたいな流れなんかな。

 現像にお金払うシステム分かってない人が割りといそう。

 お金要るのはカメラ(フィルム)だけでしょ?みたいな。

 他は確信犯かうっかりさん。

 まあ前払いにしろって話。

 フェイス・トゥ・フェイスじゃないんだから。

 

 結局未納のやつの注文は次から前払いらしい。

 

 さて今回はグアムの続き。

 キタムラでのスキャンと、

 地元の写真やさんのスキャンとごっちゃになっている。

 

f:id:gingalittle:20170215225620j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用400)

 ついに水着回。

 オンワードのプールへ行った。

 プールメインというより、

 ビーチでのアクティビティがメイン。

 ジェットスキーとパラセーリング楽しかったなあ。

 

f:id:gingalittle:20170215230105j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用400)

 ここのビーチの海はそんなに綺麗ではなかった。

 前日が雨だったから?

 

f:id:gingalittle:20170215230411j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用400)

 砂浜に建ててあった海藻の城。

 シグマの50/2.8のマクロ、

 いわゆるカミソリマクロはものすごく評価が高い。

 これもマクロに関しては良い画質だ。

 ただかなり寄れるわけではない。

 これならフレクトゴンとあんま変わんねーんじゃねーの。

 周辺光量落ちがみられる。

 

f:id:gingalittle:20170215230853j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJI記録用400)

 安心の単焦点

 立体感が違う。

 

f:id:gingalittle:20170215231450j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用400)

 ここからキタムラでのスキャン。

 基本的に彩度がかなり上げられている。

 のと、ちょっと青っぽい。

 

f:id:gingalittle:20170215231658j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用400)

 その1では感度100で400よりも濃いフィルムなのだけど、

 こっちの400の方が彩度が高い。

 これが補正の力である。

 その店のフロンティアの設定がこういうふうなのだろう。

 

f:id:gingalittle:20170215231958j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + FUJICOLOR Venus800)

 手前の植え込みの葉がめちゃくちゃ青い。

 これはマイクロネシア・モール。

 夜に行ったら、おばちゃんたちがエクササイズしていた。

 

f:id:gingalittle:20170215232256j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + FUJICOLOR Venus800)

 タモンを走るシャトルバス内。

 旅行の間は無料のチケットがあって便利だった。

 だいたいの場所はこれでいける。

 

f:id:gingalittle:20170215232608j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + FUJICOLOR Venus800)

 アメリカでは有名なチェーン、

 アウトバックステーキハウス。

 胃が小さい人は、行くべきではない。

 ステーキが200グラム以上あって辛い。

 サイドメニューなんて頼んだら地獄をみる。

 さすが感度800。

 暗部はかなり乱れてきている。

 

f:id:gingalittle:20170215232947j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + FUJICOLOR Venus800)

 しかし夜のスナップには800がいい。

 じっとりした空気が伝わってきそうだ。

 

f:id:gingalittle:20170215233248j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用400)

 空が青すぎる。

 確かに日本よりも深い青だったけど。

 ここまで誇張しなくてもいいかなあ。

 

f:id:gingalittle:20170215233610j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用400)

 T2の周辺光量はけっこう激しい。

 その分ダイナミックに感じることは多い。

 

f:id:gingalittle:20170215234016j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用400)

 日本でもきれいな砂浜に行きたいものだ。

 沖縄かな。

 T2の信頼できる写り。

 AFの中抜けだけは許さない。

 

 次回でグアムの写真も最後になる。

 モノクロフィルム1本だけ持っていった。

 まだ返ってきていないのだ。

 ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rolleiflex SL35 E とブラつく

 どうもこんにちは。

 おそらく学生最後であろう、

 カメラの買い物をした。

 試写が楽しみだ。

 まあ、たいしたものではない。

 

 さて今日はグアムの話ではなく、

 久しぶりにSL35Eの話。

 前回使ったときにシャッタームラを発見し、

 それから使っていない。

 何度も言うようだけど、

 このカメラの電気系はかなりかなり弱い。

 まともに動いている個体はもう少ないだろう。

 今回はシャッタームラ覚悟で臨んだ。

 

f:id:gingalittle:20170213164744j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 この個体も壊れてしまっていて、

 開放測光時に絞りが連動しない。

 なのでマニュアルかつ勘露出で撮っている。

 ネガなら何の問題もないな。

 これは神戸にあるマツミヤカメラの帰りに通った道。

 JR沿いの南側だ。

 モトコーと呼ばれていて、

 写真を撮りに来る人も多い。

 耐震補強工事のため立ち退きを迫られているが、

 モトコーの店らは反対している。

 どっちの言い分も分かるけどなあ。

 写真は結構オーバーになってる。

 ポジ使ったときはたいていアンダーになるから、

 気持ち明るめで撮るようにしている。

 

f:id:gingalittle:20170213165536j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 こういうボケは素直。

 ただ背景がうるさいと大変なことになる。

 そうそう、今回はキタムラで現像とスキャンをお願いしている。

 ということは、フジのフロンティアなわけだ。

 いつもはノーリツで無補正スキャン。

 果たしてどう違うのか。

 

f:id:gingalittle:20170213165836j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 目測で頑張ってみたけどだめでした。

 暗い場所でシャッタースピードを落として絞ったが、

 これなら絞りを開けて高速シャッターの方が

 断然いい結果を得られたな。

 失敗失敗。

 

f:id:gingalittle:20170213170508j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 背景がごちゃごちゃしているとボケもこんな感じ。

 プラナーってこうだよね。

 コシナのやつは知らないけど。

 まあでもローライのやつはけっこう古いな。

 コンタレックスのプラナーもみてみたい。

 

f:id:gingalittle:20170213171453j:plain Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 神戸三宮でのポケモンGOと言えば、ここか生田神社。

 ブームも下火というか終息しているので、

 以前のようなサラリーマン軍団はいなかった。

 しかし最近は天気に恵まれない。

 曇天下だとどうも眠たい。

 

f:id:gingalittle:20170213172845j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 特に震災の記憶はないが、

 この街に住んでいると必ず考えること。

 ディティールの表現がしっかりしている。

 

f:id:gingalittle:20170213173851j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 今度は露出が足りず。

 シャッタームラかどうかは分からない。

 単に勘露出失敗だと思うけど。

 

f:id:gingalittle:20170213174000j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 この日に買ったペンタックスSV。

 見ての通りめちゃくちゃ綺麗。

 これは驚きの白さだ。

 露出がなかなか良い線行ったみたいで、

 仕上がりが良い。

 にしてもこの解像力は虜になる。

 毎回このレンズを使って思うのが、

 寒色だなあと。

 ちょっと冷たい感じがするよね。

 

f:id:gingalittle:20170213174446j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 フレクサレットも撮っておこう。

 革がボロいので張り替えたい…

 

f:id:gingalittle:20170213174842j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 逆光だと僅かにフレアが。

 そこまでひどいゴーストはあまり出ない。

 ただ、バル切れがあって

 かなり強い光源を写しても大丈夫とは言えない。

 

f:id:gingalittle:20170213175118j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 公園から街なかへ移動。

 神戸感が出てきた。

 軟調な写りなので、

 建物とかにはあまり向かない。

 

f:id:gingalittle:20170213175424j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 平行出てなーい。

 割と都会っぽいよね。

 都会は都会か。

 ものすごく中途半端だけど。

 だがそこがいい。

 

f:id:gingalittle:20170213191146j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 やはりあっさりめの色は落ち着く。

 現実的で誇張が少ない。

 バイクのフロント部分とか

 かなりそれらしい。

 

f:id:gingalittle:20170213192102j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 これまた明るい写真に。

 奥まできっちり写ってる。

 アンダーにしたほうが雰囲気出たかなあ。

 いつも大学帰りに街へ出て、

 京都の路地を堪能していたのだけど、

 案外神戸も良い路地がたくさん。

 

f:id:gingalittle:20170213192619j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 場所は変わって淡路島の南淡。

 休暇村にふぐを食べに行った。

 一昨年行った時にまわりには何もないことを

 知ったのでカメラを持って行かないでおこう

 と思ったが、フィルムが余っていたので持っていった。

 この日はかなり強い寒波で、明石海峡大橋を運転していたら

 横風で車が押される押される。

 何もない場所でも景色はある。

 着いてすぐ、みんなは温泉に行ったが

 僕はカメラを持って外に出た。

 

f:id:gingalittle:20170213193054j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 これもオーバー。

 おかげで山も海もよく写ってるぜ。

 グアムできれいな海を見てきたところだから、

 その差にはがっかりする。

 

f:id:gingalittle:20170213193219j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 粒子が目立つ。

 さすが感度400と言ったところか。

 でもロモ800を400とかにして使ったときは

 もう少し滑らかだったような。

 スキャンの違いなんだろうか?

 もしくは背景がかなり暗かったのかなあ。

 

f:id:gingalittle:20170213193617j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

f:id:gingalittle:20170213193652j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 上はスローシャッターを切ったつもりが、

 なんだか速く切れた気がするので

 もう一枚撮ったのが下。

 上のほうが青い。

 下は他の色も分かりやすい。

 

f:id:gingalittle:20170213194318j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 暗くて絞りを開けて撮ったら、

 強風でブレブレ。

 背景のボケが怪しい。

 今にも回りだしそうだ。

 というかかなり青い。

 あまり光がない状態だったけど、

 そのせい?

 

f:id:gingalittle:20170213194524j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 誰もいないキャンプ場。

 そりゃこんなバカ寒いのにするわけない。

 

f:id:gingalittle:20170213194616j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 言われるまでもなく眼前に広がるのは海岸である。

 

f:id:gingalittle:20170213194802j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 意外に水の透明度は高かった。

 キャンプ利用者の忘れ物だろうか。

 こういうときのボケは信頼できるな。

 

f:id:gingalittle:20170213195022j:plain Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 日が落ちてしまったので、

 光を求めて彷徨う。

 蛾か。

 白色灯はお決まりの緑被り。

 

f:id:gingalittle:20170213195146j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + FUJI記録用400)

 次の日、帰り道で道の駅に寄る。

 このコマの前に、明石海峡大橋を撮ったのだけど、

 写っていなかった。

 36枚のうち何枚かが撮れていなかった。

 とくに寒かったからかね。

 迫力のある景色なだけに残念だった。

 帰ってから、レンズを外して部屋を真っ暗にし、

 光をマウント側から当ててシャッターを何回か

 切ってみたが、特に異常はなかった。

 寒いとムラが出たり、開かなかったりするのかも。

 というのも、神戸で撮った時は全部写っているからだ。

 はやく暖かくなって欲しいものである。

 それとも電池か?

 

 キタムラでスキャンしてもらったら、

 けっこう補正がかかってるなと思った。

 むしろそれがノーマルな設定なんだけど。

 それと、いつも使ってる写真屋さんとは

 取り込む解像度が違う。

 地元の写真屋の方がより綺麗だな。

 まあ次はその比較もできると思う。

 それではまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルムカメラと行くグアム島 その2

 どうもこんばんは。

 今回も引き続きグアムの写真。

 関係ないけど、

 ついこないだカメラ屋さんに行くと、

 ぴかぴかのペンタックスSVが置いてあった。

 値段としては、少し割高感が否めなかったが

 プレゼントにはちょうどいいと思って買ってしまった。

 機関はかなりスムーズなので頑張って使って欲しい。

 フルマニュアルなので最初は苦労するだろう。

 SVは僕も持っていてペンタックスメーターも持ち合わせていたので、

 おまけで付けるとしよう。

 

 

f:id:gingalittle:20170211214911j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 さて確かこれはココス島に向かう途中の港での写真だった気がする。

 この日の朝は土砂降りだったけど、

 やはりというかすぐ晴れた。

 こういう場面でズームレンズの便利さを痛感した。

 普段持ち歩く50mmでは、

 海の広大さが表せられなかったと思う。

 24mmバンザイ。

 

f:id:gingalittle:20170211215506j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 シャッタースピード8000だと開放でもいける。

 普段は1000とかなのでちょっとワクワクしちゃう。

 かなり現代的な装備で、

 モノとしてのワクワクは少ないけど。

 ボケは汚くもないけど、ぬぼーっとした感じ。

 開放での描写なら圧倒的にタムロンだなあ。

 まあ絞った画と画角で勝っているか。

 

f:id:gingalittle:20170211215905j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

f:id:gingalittle:20170211220017j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 絞ったときの描写がいいねえ。

 ジャングルっぽい散歩道もあったのでうろうろしてみた。

 ヤシガニ用の罠がそこかしらに仕掛けられていた。

 水面に映った像がここまで綺麗に撮れるとは。

 

f:id:gingalittle:20170211220854j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 マクロ域。

 正直もう少し寄れたらなあと思う。

 描写は悪くない。

 でもボケが目立つなあ。

 

f:id:gingalittle:20170211221758j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 ぼかすぼかすとにかくぼかす。

 やはり近距離のぼけを選ぶべきだな。

 

f:id:gingalittle:20170211221914j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 いや、絞ろう。

 そのほうが決まる。

 ピント面は細いが、柔らかい。

 

f:id:gingalittle:20170211222225j:plain

 (写ルンです New Water Proof)

 カメラを使い捨ての防水カメラに変更。

 プラの単玉でよくここまで写るものだ。

 しかもシャッタースピードも単速。

 さすがに周辺は落ちる。

 まあ使い勝手は至って普通の写ルンです

 

f:id:gingalittle:20170211222755j:plain

 写ルンです New Water Proof)

 描写にみずみずしさがない。

 まあこんなものでしょう。

 

f:id:gingalittle:20170211223609j:plain

 写ルンです New Water Proof)

 なかなか撮るのが難しい。

 もうちょっと大胆に撮ってみるべきだったか。

 

f:id:gingalittle:20170211223942j:plain

 写ルンです New Water Proof)

 水中ではこんな感じ。

 すっきりしない。

 透明度の高い海でこうなのだから、

 日本の普通の海岸では使えんな。

 ほんと防水カメラって感じ。

 魚は常に動いてるし被写体ブレがものすごい。

 

f:id:gingalittle:20170211224417j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用100)

 最短70センチの悲しみ。

 

 次回へ続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルムカメラと行くグアム島 その1

 どうもこんばんは。

 5日間の旅を終えてきた。

 インフルエンザ民と同伴したので、

 かかるんじゃないかと心配していたが、

 杞憂に終わった。

 

 さて今回の旅ではカメラを3台連れて行った。

 メインはニコンF4

 サブにニコン35TiコンタックスT2。

 高級コンパクト2台とは贅沢な。

 

f:id:gingalittle:20170208221049j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 使用レンズはシグマのズームレンズ。

 F2.8の通しで使い勝手がいい。

 純正レンズに勝るとも劣らないレンズだ。

 フィルム時代のレンズなので、これが正しい使用方法である。

 体感、赤が強い気がする。

 

 写真はホリデイリゾート横のビーチへと続く道。

 つまりタモンビーチなのだけど、このビーチが一番きれいだった。

 

f:id:gingalittle:20170208224809j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 この時はあいにくの天気、曇り空。

 しかし雲の流れが速いのですぐに晴れたりする。

 同様に雨も降ったり止んだりを繰り返す。

 曇天でも分かる清澄な海。

 絞るとなかなかいいレンズ。

 開放はちょっとヌケの悪さが目立ち、

 ボケもうるさめ。

 

 

f:id:gingalittle:20170208225140j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

f:id:gingalittle:20170208225427j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用100)

 一旦街に出て昼食を取る。

 魚○本店だったが、味はノーコメント。

 日本の料理ってすげーや。

 基本的に田舎な感じの風景。

 まあそれが良いといえば良いのだけど。

 

f:id:gingalittle:20170208230846j:plain

  Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

 これほんといいカメラだよなー。

 旅カメラには十分すぎる。

 

f:id:gingalittle:20170209010216j:plain

 Nikon F4 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO + FUJI記録用100)

f:id:gingalittle:20170209010712j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用100)

 そして再びビーチへ。

 やはりコンタックスの方が色が乗っている。

 コントラストも高い。

 そのおかげで暗部が締まっている。

 こういう撮り方ならコンタックスに軍配が上がるな。

 

f:id:gingalittle:20170209011412j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJI記録用100)

 レンズをニコンの50mmに変更。

 かなりヌケが良くなった。

 ぼかすならやはりこっち。

 本気で撮るならこっち。

 

f:id:gingalittle:20170209011735j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJI記録用100)

f:id:gingalittle:20170209011852j:plain

 CONTAX T2 + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T* + FUJI記録用100)

 周辺光量が落ちて雰囲気がいいな。

 この日はビーチンシュリンプという人気の店で夕飯にした。

 ここが一番うまかった。

 

 次回へ続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTAX T2

 どうもこんばんは。

 いよいよ大学生活も終わりに近づいてきた。

 非常にゆったりした4年間だった。

 ちょっとゆっくりしすぎたかなあ。

 

 さて今日はカメラの紹介。

 あのコンタックスT2。

 高級コンパクトの走りというか第一人者というか。

 ニコンの高級コンパクト持ってたから必要ないといえば必要ない。

 しかしその写りの良さを見てみたいと思った。

 最近のフィルムカメラブームで値段がかなり上がってきている。

 確か2年半前友人が、心斎橋のナニワ本店で3万弱で買ってたような。

 ヤフオクだともう少し安かった。

 それが今では倍くらいに跳ね上がっている。

 フィルムカメラブームが長く定着するといいなあ。

 カメラ高くなるのは悲しいけど、安くていいフィルムが欲しい。

 

f:id:gingalittle:20170130215920j:plain

 美しい。

 手に持った感じがいいのだ。

 馴染む。

 ツァイスのゾナーっていいよね。

 でも38mmって微妙だよね。

 なんとなくだけど寄れないイメージが有る焦点距離

 関係ないけど。

 まあ実際このカメラは寄れない。

 最短70cm。

 ここが一番の弱点かなあ。

 T3ではそこそこ寄れるようにはなってるけど。

 

f:id:gingalittle:20170130221905j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 試写がてら三宮を歩く。

 シライカメラに行く道のりでの一枚。

 高そうなお店がいっぱい。

 まあなんというかよく写る。

 軟調で彩度の低いフィルムを選択したにも関わらず、

 色は乗る。

 自転車の感じとかはXF35と似てるしやはりゾナーなんだなあと。

 ニコン35Tiと比べると、AFが速くてスナップしやすい。

 こってりした色で好みの分かれるところだろう。

 

f:id:gingalittle:20170130222629j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 元町には南京街という中華街があるから、

 この時期はカメラ持った人がうろうろと。

 しかしほんとによく写る。

 露出もなかなか良い感じ。

 露出補正もできるしさすが高級コンパクト。

 

f:id:gingalittle:20170130223912j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 逆光も怖くない。

 人物入れたって露出補正プラスで大丈夫。

 ニコン35Tiよりピント面がキレる。

 

f:id:gingalittle:20170130224216j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 開放は多少甘くなるけど、それでもたいしたものだ。

 絞り優先なんだけど、開放で絞り優先ができないのは残念。

 あとピントの中抜けが多いらしい。

 実際のフォーカスゾーンが真ん中より少し左に寄っているとか。

 

f:id:gingalittle:20170130224553j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 犬の目にしっかりピントが合うと気持ちいい。

 ちょっと硬めに写る気がする。

 

f:id:gingalittle:20170130224736j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 ニーハイは神。

 肌の調子もなかなか良い。

 人物撮影はどうなんだろうね。

 PRO400Hみたいに軟調なフィルムを選ぶべきだと思うけど。

 

f:id:gingalittle:20170130224920j:plain

 CONTAX T2 + FUJI PRO400H + Carl Zeiss Sonnar 38mm F2.8 T*

 灰色、白色、黒色のコントラストがいい。

 にしても使いやすくて、売れたのも頷ける。

 こうなるとTもT3も使ってみたくなるなあ。

 Tvsの方はシリーズ通して写りがそこまでって感じらしく悩む。

 案外ライカのCシリーズの写りとか良かったりするのかな。

 

 それでは。

 

 

 

 

 

Lomography CN800

 どうもこんばんは。

 人を理解する心は大事である。

 

 というわけで今日(昨日)はフォトカフェに行って

 機械式でレンズ交換可能な

 レンジファインダーのおすすめを調査しに行った。

 フォトカフェのご主人はもはや変態的なマニアなので、

 「あれがみたい触りたい」と言えば、

 すました顔でスッと取り出してくれる。

 非常にありがたい。

 ドラえもん的存在だ。

 今回は「コンタックスがみたいよ~」と泣きついた。

 すると一瞬で目の前にContax Ⅱaが現れた。

 ネットで検索してると何やらお作法があり、

 操作は難しいのかと思っていたが、

 なんということはない。

 まあでも速写には向かなさすぎる。

 ご主人いわく、人気のⅡ型でも2万円くらいが相場らしい。

 この値段は純粋な価値であって、

 そううまくはいかない。

 なんせ今はフィルムカメラ高なのだ。

 関東ではまず2万なんて値段では買えないだろう。

 業者がこっちに買い付けに来るくらいだし。

 3万までなら出す。

 旅行に支障を来さぬよう。

 と考えると、Lマウントはだめだな。

 レンズたけえ。

 人気すぎ。

 ボディはそうでもない。

 Canon7、Pなら5000円位で手に入りそう。

 でもあんまりかっこよくない。

 

 話が逸れまくった。

 フィルムの話だ。

 ついにロモの800を3本撮りきった。

 なのでみていこう。

 

f:id:gingalittle:20170123013909j:plain

 (minolta XD + MC MACRO ROKKOR 50mm F3.5 + lomography CN800)

 まずは高感度らしく暗い場所で。

 夜に徘徊していたら、

 マンションの植え込みに咲いていたスイセンのようなものが気になった。

 その日はとても風が強かったから

 めちゃくちゃ撮りづらかった。

 黒はけっこう締まりが無い。

 レンズのコントラストが低いのもある?

 露光量の増減でどうなるのか。

 

f:id:gingalittle:20170123015741j:plain

 (minolta XD + MC ROKKOR-PF 50mm F1.7 + lomography CN800)

 花の写真に比べると黒がまだマシ。

 あれは色かぶりのせいもあるな。

 でもなんだか頼りない黒。

 

f:id:gingalittle:20170123020236j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + lomography CN800)

 人工の灯りの下ではだいたい緑かオレンジっぽくなる。

 一眼レフのニッコールってキリッとしてるな。

 

f:id:gingalittle:20170124011040j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + lomography CN800)

 こういう炎とかは硬調なフィルムの方が良いね。

 

f:id:gingalittle:20170123020910j:plain

 (minolta XD + MD ROKKOR 45mm F2 + lomography CN800)

 一度使った写真だけどもう一度。

 発売当時は定価16000円と安いこのレンズ。

 タマ数の多い50mmの標準レンズより安い。

 50/1.7 MDで23000円。

 今では逆転しているけど。

 

 ここまでの写真は感度通り、800での使用。

 次からは1段ほど露出を増やした写真になる。

 

f:id:gingalittle:20170123203607j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + lomography CN800)

 一転してそこそこな画質になる。

 このニッコールはややピント面が太くて、色が控えめ。

 だからカリカリを期待して買った人は驚くだろう。

 露出の制御が使ったコンパクトの中では一番で、

 失敗することがかなり少ない。

 ポジを使うなら露出補正をマイナス3分の1するとちょうどいい。

 

f:id:gingalittle:20170123220606j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + lomography CN800)

 お気に入りの一枚。

 横を颯爽とスケボーで駆け抜けていくところを

 なんとか収めようと小走りになりながら、

 必至にピントを合わせようとした。

 まあ向こうは動き続けているわけだから

 うまくピントが合わせられなかった。

 でもこれはこれでアリ。

 アウトフォーカスによって

 動いているということが分かるから。

 シャッタースピードが遅いともっと

 輪郭が崩れてしまう。

 この場合はこのくらいでよかったのではと。

 絞ればどのようになったのだろう。

 案外こういう写真のほうが面白いかも。

 

f:id:gingalittle:20170123221153j:plain

 (minolta XD + MD ROKKOR 45mm F2 + lomography CN800)

 かなり強い反射だったけど

 思ったよりも健闘してくれた。

 フジの800と比べるとラティチュードが広いかなあ。

 あっちのほうが白飛びするような。

 

f:id:gingalittle:20170123221502j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + lomography CN800)

 おきまりニーハイ。

 やわらかめのフィルムで、

 肌の調子がかなりキレイに出る。

 ポートレート用に使える。

 PRO400Hが高いなあと思う人は

 こっちを使ってもいいかと。

 感度400で使えば思ったよりもザラザラしない。

 

f:id:gingalittle:20170123223710j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + lomography CN800)

 天気が良い日に撮れば空が澄んだ水色で美しい。

 他のメーカーとは違う青さだと思う。

 

f:id:gingalittle:20170123224052j:plain

 Nikon F4 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + lomography CN800)

 レナード好きな友人。

 シャッタースピード速いっていいなあ。

 

f:id:gingalittle:20170124004148j:plain

 (minolta XD + MC W.ROKKOR 28mm F2.5 + lomography CN800)

 夕日で撮ると、かなり黄色くなったりオレンジになったり。

 この場合わずかの黄変が拍車をかけてるかも。

 

f:id:gingalittle:20170124004450j:plain

 Nikon 35Ti + Nikkor 35mm F2.8 + lomography CN800)

 こんな感じ。

 これは感度800だけども。

 

f:id:gingalittle:20170124005306j:plain

 (minolta XD + MD ROKKOR 45mm F2 + lomography CN800)

 露出ミス。

 夕方に撮れば夕方ってわかりやすくていいね。

 

 さてどうだっただろうか。

 軟調で色もカメラ女子が好みそうな。

 3本で1500円とかそこらだし、コスパはいい。

 これだけ写るなら十分だと思う。

 アグファのフィルムを600円以上出して買うなら、

 こっちをおすすめする。

 ロモの感度100と400も試してみたいが、

 ぶっちゃけそこはフジとコダックがいるからなあ…

 フジの800は硬調だから好みでどうぞ。

 ナチュラ1600も硬調。

 ポートラ800は高すぎる。

 どうでしょう?

 

 

Lomo 35mm カラーフィルム(3個セット)

Lomo 35mm カラーフィルム(3個セット)