読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

なかだるみ

 どうもこんばんは。

 風が強い日が多くて、

 なんだかんだまだコートを着ています。

 邪魔くさいのではやくしまいたい。

 でもポケットが多いからコンパクトカメラ

 を仕込みやすい。

 さて今日はKonica S2の作例です。

 使ったフィルムはコダックの400。

f:id:gingalittle:20160326205358j:plain

 (Konica S2 + HEXANON 48mm F2 + Kodak Super Gold 400)

 どうですか!!

 レンズシャッターの中では恐ろしいくらいの写り

 一眼レフにだって負けてない!

 適正な露出とピント合わせでここまで綺麗に。

f:id:gingalittle:20160326205817j:plain

 (Konica S2 + HEXANON 48mm F2 + Kodak Super Gold 400)

 逆光ではこんな感じに。

 やはり古いモノコートは逆光に弱いですね。

f:id:gingalittle:20160326210029j:plain

 (Konica S2 + HEXANON 48mm F2 + Kodak Super Gold 400)

 アンダーに撮ってしまった写真。

 順光の時の写りが良すぎてね…

f:id:gingalittle:20160326210417j:plain

 (Konica S2 + HEXANON 48mm F2 + Kodak Super Gold 400)

 またもやブレ

 このカメラは小さくてホールドしやすいし、

 一眼レフと違ってミラーショックがないので

 シャッタースピード8くらいまで落とせます。

 落ち着いて撮ればの話ですが。

 今回はアンダーな写真が多かった。

 まだまだ修行が足りません

f:id:gingalittle:20160326210721j:plain

 (Konica S2 + HEXANON 48mm F2 + Kodak Super Gold 400)

 変な雲があったので思わずぱしゃり。

 これも多分シャッタースピード8くらいだったような。

 問題はファインダーの二重像がけっこう薄くなってて、

 暗い場所ではピントを合わせにくいということ。

 でもこの写りなら大満足。

 なのにかなり安い。

 もはや捨て値

 レンズを改造して使ってもいいレベルですね。

 そしてメーター不動でしたが、

 さっと開けてちょっと掃除してみたら

 普通に動きました。

 精度も出てます。

 完動品ですよ完動品

 すばらしいな。

 それではまた次回。