読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

FUJICOLOR C200

 どうもこんばんは。

 今日はとても涼しいですね。

 半袖でいると少し肌寒く感じます。

 

 さて今日は、フィルムの紹介です。 

 フジの200。

 このフィルムは外国への輸出目的で作られたフィルムです。

 日本ではISO感度100が一般的ですが、外国では200が普通なのです。

 つまり逆輸入品ということですね。

 最近よくみかけるようになったのは、

 なにか理由があるのでしょうか。

 僕にはわかりません。

f:id:gingalittle:20160605185425j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJICOLOR C200)

 まあ普通のフジのフィルムという感じですね。

 彩度も低めで柔らかい。

 ぶっちゃけ他のフジカラーより安いのでこっちを

 使ったほうがいい気がします。

 業務用36枚撮りといい勝負。

f:id:gingalittle:20160605204828j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJICOLOR C200)

 青さ加減もフジそのもの。

 東京に足を運んだ際に、新宿御苑を散歩して写真を撮ってきました。

 平日の真昼にも関わらず、多くの人がのんびりとすごしていました。

f:id:gingalittle:20160605205616j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJICOLOR C200)

 さてここからは反省会。

 頼み込んでニーハイを撮らせてくれと意気込んだものの、

 露出をかなりミスるという顛末。 

 この写真はそもそもアンダー過ぎてネガの濃度が足りてなかった。

f:id:gingalittle:20160605205824j:plain Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJICOLOR C200)

 撮った写真の多くが、背景との明暗差が激しくて

 被写体が暗くなるという…

 晴れた日の日陰は案外注意がいるなあ。

f:id:gingalittle:20160605211005j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + FUJICOLOR C200)

 これも被写体が暗い。

 ローアングルは見えてはいけない角度で撮らなければならない。

 見えてしまうとつまらないですからね。

 

 さて今回のフィルムはいかがでしたでしょうか。

 僕はいくつか買いだめしてあるのでしばらく

 使っていこうと思います。

 高解像のフィルムではありませんが、

 いわゆる一般的な品質だと思います。

 次はもっといい絶対領域を撮るぞ。

 それではまた次回!