読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

Rollei XF35

 どうもこんにちは。

 昨夜はゲリラ豪雨がものすごかった。

 機械式のジャンクカメラでも持ってれば

 雨の中を撮れたのになぁと。

 

 さて今回はやっとカメラの紹介。

 ローライのコンパクトカメラ。

f:id:gingalittle:20160806121318j:plain

 めちゃくちゃかわいい。

 といっても見た目はコニカC35。

 つまりローライの名を冠するくせに、

 ちょっと安っぽい。

f:id:gingalittle:20160806121823j:plain

 手元に普通のC35がないので、E&Lで。

 見た目はそっくり。

 大半の国産メーカーもC35を模倣したような

 カメラを作っていたので仕方がないのかな。

 レンズはゾナー

 ゾナーだから買ったようなもの。

 テッサーだったら迷わずローライ35買ってる。

 ローライ35にもゾナーはあるけど目測だし。

 ゾナーの良さを出すにはやっぱり距離計は欲しい。

 こんなチープな外見だけど、写りはどうなのか。

 C35はカリッとしたピント面を作る絵作り。

 対してゾナーは柔らかいのが良さ。

f:id:gingalittle:20160806122555j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PRO400H)

 そこまでカリカリではなさそう。

 濃い目の発色?

f:id:gingalittle:20160806123336j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PRO400H)

 撮り終わってみたらだいたい暗い写真。 

 ネガの濃度がうすい。

 どうやら露出計が一段アンダーらしい。

 

f:id:gingalittle:20160806123644j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PRO400H)

 アンダーなことが幸いしてかっこいい写真が撮れた。

 同じ構図をニコン35Tiで撮ってみたけど、

 しょうもない写真になってしまった。

 発色はやはり大事である。

f:id:gingalittle:20160806123945j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PROVIA100F)

 露出計の癖を調べようとポジを詰めてみた。

 とりあえず1段オーバーに設定。

 どうだろう、普通によく撮れている。

 実際にスキャンしてみると、ほんの少しまだアンダーな気がする。

 だけどまあ許容内。

f:id:gingalittle:20160806124407j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PROVIA100F)

 マリンパークの海。

 ちょっとまだアンダーかな。

f:id:gingalittle:20160806124531j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJIFILM PROVIA100F)

 逆光チェック。

 著しく画質を崩壊させることはないものの、

 コントラストが削られる。

 HFTコーティングがあればもう少し粘ってくれたのではないだろうか。

 ポジを透過光で見る限りはもっと深い緑なのだが、あえてレタッチはなしで。

 

 XF35の操作系はまあ普通。

 写りはけっこう優し目って感じかな。

 案外人を撮るといい感じになる。

 それではまた次回!