読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

ローライの電気系はやっぱ弱い

雑記

 どうも僕です。

 とうとうSL35Eの露出計がいかれてきた。

 この前まで2と3分の2段アンダーだったのが、

 いきなり3分の1段アンダーになっていた。

 これは他の部分もやばいんじゃなかろうかと

 入念にチェックしてたら、

 開放測光が出来ないことに気付いてしまった。

 厳密に言えば出来るのだが、

 その名の通り開放でしか側光できない。

 つまり絞りが連動していないのだ。

 マウントの上の部分に連動用の溝があって

 レンズ側の爪が引っかかるようになっている。

 この部分はきちんと動いてる気はするのだ。

 だからボディ側に問題があると信じたい。

 もしもレンズ側に問題があるのならばちょっと困る。

 調べたいが、あいにくSL35Mはとうに露出計が死んでいる。

 つまりどっちが原因かわからない。

 僕は、絞りを伝えるところの

 接点が劣化しているんじゃないかと思う。

 絞り込み測光はちゃんときくし。

 シャッタースピードだってちゃんと出ている。

 まあでもこれだけだと、レンズの問題ということもなくはない。

 光には開放測光でもちゃんと反応している。

 やはり絞りの情報が伝わっていない。

 友ヶ島に持って行った時はなんともなかったのにな。

 非常に残念であるけど、

 覚悟はしていた。

 幸い、たいして高価ではないので

 そのうち買い直そうと思う。

 これでボディ側が正常だとわかったら悲しいけど。

 

 まあちゃんと測光できないだけで、

 写真そのものが撮れないわけではない。

 むしろM42専用機と割りきってもいい。

 どうせ絞り込み測光しか使わないのだから。

 それかモノクロオンリーか。

 また安く手に入れられるといいな。

 

f:id:gingalittle:20160830173822j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + YASHICA200)