読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

Rollei XF35と後ピン

 どうもこんばんは。

 最近は秋雨前線のせいで晴れない。

 曇りや雨の日ばかり撮っている。

 

 さてローライのコンパクトを使っていて気付いたことがある。

 なんとなく二重像があってない気がする。

 というのは当初から感じていたが、

 晴天下での撮影が多く、ピンぼけ写真をみても

 自分のヘタクソさに嘆息するだけだった。

 つまり、絞り込んでいたおかげでピントがあっていたのだ。

 実際パンフォーカスでずっと撮ってたし。

 

 昨日現像した写真をスキャンしてみると、どうもピントが遠い。

 思ったところにきていない。

 いつものことで、また合わせ間違えたのかと思ったが、

 さすがにおかしいと感じた。

 完全にピントを合わせていい写真撮ったと思ってたら

 殆どが後ピン。

 なので一眼レフと比べたり、

 メジャーで測ったりしてみた。

 やっぱり二重像が合致する距離がおかしい。

 距離計がおかしいのならば、前からシャッターユニット分解することに。

 でも単に二重像がずれているだけなら、話はかんたん。

 調節する方法がある。

 

 の前に、後ピン写真を。

f:id:gingalittle:20160930214203j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR C200)

 完全にポストに合わせていたはずなのに。

 奥の方にピントがある。

 確かこのときはF4くらいだったかな。

 無限遠で撮るときはあまり気にならないのだけど、

 ある程度近いと気になる。

f:id:gingalittle:20160930214849j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR C200)

 これは看板の文字に合わせたつもり。

 ところがどっこい、合ってない。

 しかしこのカメラについたゾナーは優しいな。

 寒色系の色乗りだけど、なかなかいい色。

 今まで開放で撮って、ピンぼけを多発していたのは

 実はカメラのせいだったのかもしれない。

f:id:gingalittle:20160930215133j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR C200)

 神戸元町南京街。

 これは手前のうさぎの像に合わせたつもり。

 その奥のおばあちゃんに合ってしまった。

f:id:gingalittle:20160930215313j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR C200)

 大量の光があって絞り込むとやや気にならなくなる。

 絞ると普通にシャープなんだよなー。

 でも真骨頂はF4以下のぽわぽわな写りである。

 

 で、今回は二重像の調整をした。

 方法は、まずカメラに向かって右側の貼り革を剥がす。

f:id:gingalittle:20160930215716j:plain

 すると3つのネジが見える。

 その一番上が横ずれを直すネジだ。

 これを左右どちらかに回せばいい。

 ただしそんなに回らない。

 数ミリ動かすだけで大きくずれるので根気がいる。

 無限遠で合わせるのが一番無難。

 貼り革を剥がすときは、ドライヤーでゆっくり

 温めるといい。

 その際にカメラが熱を持ちすぎないように注意。

 そんなこんなでおおよそ二重像は修正した。

 次の試写が怖い。

 レンジファインダーは、レンズからの像を

 ファインダーでみてるわけではないので、

 本当にピントが合っているのかはわかりづらい。

 それに構造上、衝撃ですぐに二重像がずれる。

 上下に分離しすぎていると、二重像が合わせづらい。

 それもネジを回して調整できる。

 

 今回はこのへんで。