読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

ラブホテル 5

ラブホテル

 どうもこんばんは。

 忘れたわけじゃないよ、ラブホテル。

 最近モノクロサボってただけ。

 今はまたやりたくなってきた。

 

 今回はよく行く難波で。

f:id:gingalittle:20161124211900j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 平行とれねえ。

 ここはホテルだったけど、もしかするとラブホじゃなかったかも。

 趣味悪すぎるよこのオブジェは。

 ペンFTには露出計ついてるけど、

 ファインダー激暗+プリズムの汚れで

 あんまり長いことファインダー覗きたくない。

 一瞬でピント合わせて勘露出で撮るスタイルが一番楽。

 おかげでピンボケ写真も何枚か生まれる。

 そしてアンダー写真も生まれる。

 モノクロはアンダーで撮る僕だけど、

 これはさすがにアンダー過ぎて眠い。

 アクロスがそんなに高コントラストではないにせよ眠い。

f:id:gingalittle:20161124212748j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 偏見かもしれないけど、ラブホらしいラブホ。

 こういう格好なら分かりやすいものである。

 ほぼ道頓堀沿いのエリアで、ほとんど韓国人か中国人しかいない。

 おそらく彼らの宿泊施設として大活躍だろう。

 かなり密集しているから競争が激しそうだと

 常々感じていたが、むしろ足りないくらいではなかろうか。

f:id:gingalittle:20161124213536j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 けっこう似たような字体が多い。

 個性的なものより、分かりやすいものが求められているのだろうか。

 まあ夜の街だもんなあ。

f:id:gingalittle:20161124215053j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 食事とかドリンク無料って、大丈夫なのか。

 食べても大丈夫なのか。

 おいしいのか?

f:id:gingalittle:20161124220239j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROSS100)

 これはいい形。

 富士山型。

 上の方はいい部屋なのか?

 ハーフサイズカメラのくせによく写る。

 しかも一番安い標準レンズ。

 ただ、近接撮影はかなり収差が目立つ。

 ぐるぐるボケがてんこもりの写真になる。

 それに関してはまた後日。

f:id:gingalittle:20161124222103j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 ちょっとおしゃれな看板。

 カフェとかにありそう。

 昼間には出入りしてる人が全くいなかった。

 確か日曜だった気がする。

f:id:gingalittle:20161124222728j:plain

 OLYMPUS-PEN FT + F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8 + ACROS100)

 モントレーとラブホ。

 さすがに規模の違いが目立つ。

 

 面白いのは最初のやつだけだなあ。

 あとは典型的なラブホ。

 もっと個性的なラブホを求めて旅を続けたいと思います。