読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

FUJICHROME SensiaⅢ

 どうもこんばんは。

 来月の頭にグアムに行くことになって、

 用意していたカメラへのお金が消えた。

 いや、より有意義で良いと思う。

 この時期は学生が多くて、そこそこのホテルだと

 数万円では足りない。

 バルナックライカとエルマー、買おうと思っていたのにな。

 こんなこと言うと怒られてしまう。

 そう、グアムに行きたかったのだ。

 たくさん写真を撮ってこよう。

 

 で、今日はフィルムの紹介。

 使ったのはF3。

 持ち出したこの日にミラーの粘りが発覚した。

 のでちゃんと撮れた写真が少なくて、

 かなりもったいない。

 廃番のフィルムなのになあ。

 また手に入れるしかないか。

 

 センシアは、医療用にも使われていたらしい。

 リバーサルにしては色もナチュラルで、優しい感じとか。

 ちなみに感度は100。

 

f:id:gingalittle:20170113005732j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 ポジだから自家スキャン。

 そのため、画質が落ちる。

 仕方ないことなのだ。

 現行のベルビアとプロビアに比べると、

 コントラストが低い印象。

 比べたらよく分かる。

 出て来る色合いがあまりポジっぽくない。

 

f:id:gingalittle:20170113010130j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 ベルビアだと露光アンダーで赤くなるけど、

 これもそんな感じ。

 特にアンダーすぎることはないけど。

 赤みが強く出る場合があるみたい。

 でも、期限切れだから色は正直正しいのか分からない。

 ネットで作例を見る限り、赤くなってるカットをみないので

 期限切れゆえの色かぶり、もしくは感度の低下かもしれない。

 

f:id:gingalittle:20170113010337j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 これはすごくセンシアっぽい。

 肌の調子が今の他のポジだと出せない気がする。

 粒子も細かすぎなくて、フィルム写真っぽい。

 だからベルビアやプロビアよりも好きだな。

 

f:id:gingalittle:20170113010926j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 これも少し赤いなあ。

 空が明るくて梅の花が暗かったから

 気持ち露出多めにしたけど足りなかったか。

 勘露出もまだまだだ。

 ポジは鍛えられていい。

 

f:id:gingalittle:20170113011330j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 太陽を入れてみる。

 もともとコントラスト高くないからやわらかめ。

 侮れんなAiニッコール

 

f:id:gingalittle:20170113011733j:plain Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 いつもニーハイだからたまにはタイツ。

 やはりニーハイの方がいいな。

 ポジフィルムにしては人が撮りやすい。

 まあプロビアでも撮りやすいけど。

 

f:id:gingalittle:20170113011943j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 ポジとは思えないほどの色。

 まあ見た目に近いといえば近い。

 黄色とかがなかなか印象的かな。

 

f:id:gingalittle:20170113012200j:plain

 Nikon F3 + Ai Nikkor 50mm F1.4 + SensiaⅢ)

 タイツの謎。

 これはなんなのだろう。

 斜めから強い光が入るとご覧の通り。

 

 これ好きだから復活してほしいなあ。

 けっこう仕上がりが楽しみなフィルムだ。

 プロビアの400もちゃんと紹介したいけどなあ。

 現状価格的に中判でしか紹介できなさそう。

 

 ではこのへんで。