ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

Mamiya RB67

 どうもこんばんは。

 九州は雨がものすごくて困る。

 幸いと言っていいのか分からないけど、

 僕の住んでいる場所は災害級ではなかった。

 ただなかなかカメラ持ち出せてなくて

 写真も撮ってない。

 というか暑くてね。

 

 さてそんなこんなでやっと新しいカメラのお話。

f:id:gingalittle:20170719211627j:plain

 2月後半とかに買ったっけな。

 あの頃はまだ大学生だった。

 前期タイプのRB67。

 めっちゃかっこいい。

 ハッセルやローライのような

 デザインの良さはそこまでだけど、

 撮るための道具感が半端ない。

 

 いつものようにマルシンカメラに寄ったら、

 3台も並んでいたので一番程度の良いものを購入した。

 写真屋さんで使われていたようなカメラなので、

 写りに関しては何の心配もいらない。

 

 ただネックとなるのがその重さ。

 レンズ込みで2キロ後半くらいある。

 重さなんて気にしない。

 まだ若いのだ。

 

 レンズは90mm。

 127が一般的だけどそれより少しだけ広角。

 ただ標準の域を出ない。

 とりあえず広角が欲しいなあ。

 

f:id:gingalittle:20170719212429j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI PRO400H)

 泉大津邸。

 ここのほうが暮らしやすかったなあ。

 狭いのに広く感じたし、キレイだし。

 浴室乾燥機あるし。

 駅近いし。

 駅にいけばそこそこ揃ってるし。

 同期4人で帰りたい。

 というのも九州に慣れていないだけか。

 そりゃホームシックにもなる。

 博多・天神も近いしそのうち慣れるかな。

 夏は必ず神戸に帰ろう。

 

f:id:gingalittle:20170719213113j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI PRO400H)

 めっちゃ青い。

 フィルムのせいか。

 これを撮った時はまだ大学生。

 中判だから立体感があるのは当たり前で、

 ディティールの細かさ滑らかさも良い。

 ワンピースとニーハイの質感を見事に表現仕分けている。

 

f:id:gingalittle:20170719213546j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI PRO400H)

 ちょっと本気でポートレートが撮りたくなる。

 ファインダーはノーマルだが、

 とても明るくピント合わせはかなりやりやすい。 

 山もつかみやすく、ピント合わせに失敗することは少ない。

 

f:id:gingalittle:20170719213750j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI ACROS100)

 今度はモノクロで。

 アンダー気味でも問題なし。

 コントラストも良く、雰囲気良く切り取ってくれる。

 

f:id:gingalittle:20170719214016j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI ACROS100)

 逆光でも粘る。

 

f:id:gingalittle:20170719214115j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI ACROS100)

 フィルムバックにレボルビング機能があるので、

 縦位置も容易に撮れる。

 光源を入れて撮ったが素晴らしい。

 

f:id:gingalittle:20170719214232j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI ACROS100)

 質感が良すぎてな。

 バシバシ撮りたくなるけどフィルム高いからな。

 控えめにな。

 

f:id:gingalittle:20170719214344j:plain

 (Mamiya RB67 + MAMIYA-SEKOR C 90mm F3.8 + FUJI ACROS100)

 はやく関西に戻してくれー!!!!

 恋しいぞ!!!

 

 とにかくRB67は機械式だしメンテもきくのでオススメ。

 ハッセルなんぞ買えるかっていう僕みたいな人にオススメ。

 

 

 

 

 

フジカラーPRO400H-120 5本パック(ブローニー ISO400カラーネガ) PRO400H-120-5PK

フジカラーPRO400H-120 5本パック(ブローニー ISO400カラーネガ) PRO400H-120-5PK

 

 

 

 

 

 

FOMAPAN 400 Action

 どうもお久しぶりです。

 新居に越して少し落ち着いた。

 ベッドをロフトに上げたら壁を傷つけるという

 ハプニングもあったが、

 なんとか落ち着ける状態となった。

 さすが木造脆いぜ。

 

 そんで初期費用にいろいろかかり、

 なんせお金がない。

 こりゃ新しくカメラなんて買えねえ。

 なので今あるカメラで頑張るしかないけど、

 あんまりコンテンツとしての魅力がない。

 出来るだけ新しいフィルムを使うようにしないとな。

 

 さて今日はフォマの400。

 旧粒子で粗いフィルム。

 値上げ前は安めの部類だったが、

 値上がりで安くはなくなった。

 

 使用カメラはSL35E。

 一応まだ写せる。

 

f:id:gingalittle:20170709234102j:plain

 (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 名古屋に遊びに行った時詰めていたフィルム。

 ざらざらしたフィルムでスナップしてみたかった。

 ディスタゴンのおかげで解像はしているがざらざらは強い。

 求めていた通りだ。

 コントラストもキツくない。

 

f:id:gingalittle:20170709234451j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 明暗差の大きいシチュエーションだがうまく撮れた。

 大須の商店街を歩いていたところ、

 手と顔がクマの人とすれ違ったので

 急いで撮った。

 勘露出もけっこう鍛えられてきたな。

 ピントもそこまで外していないし、ブレも少ない。

 

f:id:gingalittle:20170709235037j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 めいどりーみんのメイドさん

 GWというのにあまりお客さんがいなかったようだ。

 白ニーハイグッド。

 

f:id:gingalittle:20170709235239j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 フラリエで咲いていた花。

 ざらついているが芯のある描写。

 少し硬め。

 

f:id:gingalittle:20170709235501j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 ファインダー越しの世界。

 

f:id:gingalittle:20170709235557j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 楽しそうに走る人たち。

 それを僕は楽しそうに撮る。

 やっぱりスナップは楽しいな。

 

f:id:gingalittle:20170709235722j:plain  (Rolleiflex SL35 E + Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 + foma FOMAPAN 400 Action)

 作品撮りをしているわけではないけど面白い。

 意外と作品も生まれるし。

 

f:id:gingalittle:20170710000021j:plain

  (Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + foma FOMAPAN 400 Action)

 左下が黒くなるのはなんでかね。

 どういうことなのかしら。

 

f:id:gingalittle:20170710000253j:plain

 Rolleiflex SL35 E + Rollei Planar 50mm F1.8 HFT + foma FOMAPAN 400 Action)

 ノリタケの森大好き。

 いつも必ず食器を買って帰る。

 名古屋ラブ。

 名古屋支店に行かせてくれ。

 

 総評としては、粗さがいい味を出す。

 前回のジャパンカメラハンターの400と違い、

 ラティチュードは広く使いやすい。

 一度は使って欲しいフィルム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FOMA 420124 Fomapan 100 ISO 35mm x 24 exp. (Black) [並行輸入品]

FOMA 420124 Fomapan 100 ISO 35mm x 24 exp. (Black) [並行輸入品]

 

 

 

 

オートコンパクトフィルムカメラのススメ

 どうもこんばんは。

 部屋探しとか仕事で忙しい。

 なので簡潔に。

 オートコンパクトカメラをけっこう使ってきたので、

 そろそろまとめてみてもいいんじゃないかと思った。

 

 できれば今からフィルムカメラ始める人に見て欲しい。

 基本的にはオートコンパクトを紹介するつもり。

 写ルンですよりもっと足を踏み入れてみようぜ的な。

 それで物足りなくなれば一眼レフなりレンジファインダーなり買うといい。

 

Konica BiG mini

Konica Big Mini BM-201

 

 まずはこれ。

 紹介する中では一番安いかも。

 だが侮ることなかれ。

 とても良く写る。

 流行ってよく売れたらしいので、

 それなりに市場に出回っているが

 故障品も多い。

 背面液晶が消えていたら買ってはいけない

 つまり裏蓋開閉部(番のとこ)のフレキが断線しているものはNG。

 

 今の価格はだいたい5000~1万円ちょっとだろうか。

 びっくりするほど値上がりしている。

 ついこないだまでは3千円くらいで買えたのにね。

 ちなみに上位機種のBig mini Fはいい状態でだと2万円以上する。

 恐ろしい。

 使いにくいところは、露出補正ができないところと

 フラッシュ非発光を記憶できないことだ。

 電源を落とすとオートフラッシュになる。

 

 測光性能は悪くない。

 が、明るいところに引っ張られやすい。

 明暗差には弱いと思っていい。

 AFは遅め。

 以下実写。

 

f:id:gingalittle:20161231111936j:plain

f:id:gingalittle:20161231114202j:plain

f:id:gingalittle:20170614224934j:plain

 (Konica BiG mini + KONICA LENS 35mm F3.5 + FUJICOLOR C200)

f:id:gingalittle:20170614225529j:plain

f:id:gingalittle:20170614225554j:plain

f:id:gingalittle:20170614225724j:plain

f:id:gingalittle:20170614225805j:plain

f:id:gingalittle:20170614225825j:plain

f:id:gingalittle:20170614225855j:plain

f:id:gingalittle:20170614225919j:plain

f:id:gingalittle:20170614225942j:plain

f:id:gingalittle:20170614230115j:plain

f:id:gingalittle:20170614230205j:plain

f:id:gingalittle:20170614230308j:plain

 (Konica BiG mini + KONICA LENS 35mm F3.5 + 記録用100)

 

 どんなものだろうか。

 僕としてはクローズアップモード時のボケが好き。

 前4枚はノーリツ無補正スキャン。

 後はカメラのカツミ堂のスキャン(富士フイルムフロンティア、補正あり)。

 

 人を入れて撮ったほうがいい感じだなあ。

 露出の癖をまだつかめていないので、

 スナップがしっくりこない。

 

 基本的にきっちりかっちりとした写り。

 あの小さなボディからは考えられないほどの写り。

 遠景より近景、ポートレートが強いと思う。

RICOH R1

Ricoh R1

 お次はこれ。

 リコーから発売されていたオートコンパクト。

 このカメラもレンズに定評あり。

 そのおかげか改良型が出たり、

 高級版が出た。

 GR21とかめっちゃいい値段すると思うよ。

 

 スペックはビッグミニとほぼ変わらない。

 露出補正できず、フラッシュ設定も記憶できない。

 ただ操作性はこちらの方が格段に上。

 そして多分ビッグミニより耐久がある。

 そして薄い。

 だから軽い。

 特筆すべきことでもないけど、30mmと24mmのパノラマつき。

 使わない。

 むしろ特筆すべきはプリワインディング方式か。

 フィルムを最初に全部巻き上げちゃうやつ。

 

 ほな作例。

 OEM版のローライプレーゴミクロンだけど一緒だからね。

 気にしないでね。

 

f:id:gingalittle:20170520173519j:plain

f:id:gingalittle:20170520174536j:plain

f:id:gingalittle:20170520174802j:plain

f:id:gingalittle:20170520174945j:plain

f:id:gingalittle:20170520171958j:plain

f:id:gingalittle:20170614233816j:plain

f:id:gingalittle:20170614233857j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 色がこってり。

 というのも、アンダー気味に写るからだ。

 それがこのカメラの癖であり味であろう。

 ビッグミニより陰影表現が絶妙。

 しかし周辺光量落ちと周辺部の解像力低下が顕著。

 あとAFは遅め。

 

 スキャンはキタムラ。

 やはり青く補正される。

Nikon35 Ti

Nikon 35Ti

 ニコンの高級コンパクト。

 ボディ上部にアナログメーターがあるのが特徴。

 でもあまり受けなかったそう。

 しかし高級コンパクトだから性能は折り紙付き。

 レンズも良いが、測光性能が良いと思う。

 普通に撮れば少しオーバー目、

 つまりネガがはっきりしている。

 露出補正がプラスマイナス2段あり、

 3分の1ずつ補正できる。

 3分の1マイナス補正すると、

 ポジでもちょうど良くなる。

 

 やはりなんといっても持つ喜びが大きい。

 チタンボディにたくさんの機能。

 特別なカメラっぽい。

 

f:id:gingalittle:20160907223129j:plain

f:id:gingalittle:20160721185445j:plain

f:id:gingalittle:20160519223645j:plain

f:id:gingalittle:20160318191353j:plain

f:id:gingalittle:20160216224013j:plain

f:id:gingalittle:20170124004450j:plain

f:id:gingalittle:20170123221502j:plain

f:id:gingalittle:20170215232947j:plain

f:id:gingalittle:20170615233748j:plain

 少し線の太さがあるものの、

 写りに関しては満足できると思う。

 絞り優先オートもあって使いやすくはある。

 まあもっと写りの良い高級コンパクトも存在するけど。

 

 難点としては、

 フラッシュ非発光がボタン押し込み式なこと。

 ボディ正面向かって右下にボタンがある。

 そこを押し込みながらシャッターを切らなければならない。

 これが意外と邪魔くさい。

 慣れた今となっては問題ないけど。

 押し込み式からスライド式になっているモデルもある。

 厳密に言えば、ニコンでスイッチを交換してもらったものだが。

 

 僕が一番良く使うコンパクトだ。

 少し贔屓目に書いてしまったかもしれない。

CONTAX T2

 

IMG_2877

 ザ・高級コンパクト。

 今でも根強い人気がある。

 市場にも多く出回っている。

 ただ高い。

 ここ最近では5万以上したりする。

 言わずもがな銘カメラ。

 

 デザインも良いし、写りも良い。

 ただ気をつけたいのは、

 撮影最短距離が60cmで、AFの中抜け現象が多いこと。

 フィルムを1コマでも無駄にしたくはあるまい。

 でも露出補正はできるし、絞り優先オートも出来る。

 開放での絞り優先は出来ない。勝手にプログラムになる。

 操作性はNikon35Tiを上回る。

 シャッターボタンを押しっぱなしにすると、

 連射できる。

 

f:id:gingalittle:20170130224920j:plain

f:id:gingalittle:20170130223912j:plain

f:id:gingalittle:20170130224216j:plain

f:id:gingalittle:20170209010216j:plain

f:id:gingalittle:20170619232744j:plain

f:id:gingalittle:20170619232816j:plain

f:id:gingalittle:20170619233018j:plain

 

 まあこってりとして硬めの写り。

 芯があるとでも言うか。

 画面端が流れるということもなく、

 とても良く写る。

 平成のフィルムカメラだし当然か。

 逆光性能も申し分ないくらい。

 ただ現代のデジタルと比べると遜色ありまくり。

 比べるべきではないな。

 

 さてどうだっただろうか。

 気に入った写りのものはあっただろうか。

 もしも家に眠っていたりすれば是非使って欲しい。

 

 そして写ルンですユーザーの人はステップアップして欲しい。

 また新しいオートコンパクト手に入れたら追記したい。

 

 

 

 

 

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JCH STREET PAN 400

 どうもこんばんは。

 最近使うカメラはもっぱらコンパクト。

 個性のあるコンパクトカメラは面白い。

 近々、コンパクトカメラのコンテンツを書こうと思う。

 

 さて今回紹介するのは久しぶりにフィルム。

 聞いたことが無い名前のフィルム。

 ジャパンカメラハンターという会社が販売している。

 日本製のように思えるが、ベルギー製だ。

 多分日本の会社ではない。

 

 どこかのOEMかなあとも思うが詳細は不明。

 

f:id:gingalittle:20170529223756j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 ストリートパンというので、主にスナップで使ってみた。

 スキャン時のバックライトが写り込んだせいで、

 左右が白くなっているが気にしないで欲しい。

 とても使いにくいフィルムだとネガを見て思った。

 まずコントラストがかなりキツイ。

 黒く潰れるし白く飛ぶ。

 あと感度400のくせに案外ラティチュードが狭いと思う。

 普段はアクロスとかTriXでアンダー目に撮るので、

 黒べったりにはそこまでならなかった。

 まあこれはフィルムの性能だろう。

 

f:id:gingalittle:20170529224349j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 ピント合わず。

 暗いとブライトフレームといえどキツイ。

 てかちょっと二重像薄い。

 

f:id:gingalittle:20170529224441j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 あふれる疾走感。

 パンフォーカスで撮っている。

 なんば心斎橋あたりは面白いな。

 あまり快活なフィルムではない。

 じっとりめか。

 

f:id:gingalittle:20170529224644j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 露出をしっかり合わせてもこの通り。

 黒が真っ黒白が真っ白。

 中間色などなんのことやら。

 

f:id:gingalittle:20170529224814j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 ニーハイは心の癒やし。

 個人的にはいつもみたいにアンダーで撮るのではなく、

 ドンピシャで合わせたほうがいいと思う。

 でもスナップ用なら露出適当になりがちだよね。

 オートコンパクトに詰めてブラパチするのが

 一番いい使い方だと思う。

 

f:id:gingalittle:20170529225049j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 粒状感は強め。

 粗い。

 実はこの写真の左には、

 おっさんが倒れて寝ている。

 豪快だ。

 

f:id:gingalittle:20170529225213j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 憎きフェスティバルタワー。

 あそこに通いたかったものだ。

 この辺は実に面白い場所なので、

 ぜひ行ってみて欲しい。

 ただのビジネス街と思われがちだが、

 大阪の臭さがところどころにじみ出ている。

 

f:id:gingalittle:20170531210643j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 というか。

 配属先が決まった。

 九州だ。

 また引っ越しだ。

 ついに24年ほど生きたこの神戸大阪を去ることになる。

 涙がでるほど悲しい。

 若いうちに帰ってきたいものだ。

 

f:id:gingalittle:20170531210854j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 さらば大阪。

 ずっといられると思っていたが、

 職業選びを間違えたか。

 

f:id:gingalittle:20170531211000j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 ということは今のうちに大阪でカメラ買っておかないと…

 というか頑張って月一回は帰ってこようかな。

 

f:id:gingalittle:20170531211108j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 このフィルムはこう使えということだろうか。

 まあ確かにぽい写りではある。

 森山大道チックなじっとりがお好きならばどうぞ。

 

f:id:gingalittle:20170531211229j:plain

 (Leotax T + CANON LENS 50mm F1.8 +JCH STREET PAN 400 )

 ええ笑顔だなあ。

 

 さてどうだっただろうか。

 階調を楽しみたい人には向かない。

 あとは暗いところでもあまり使わない方がいい。

 日中でじっとり感を出したい時にいいんじゃないか。

 一度お試しあれ。

 レンズとの組み合わせで結果はまた変わる。

 ではまた次回。

 

 

 

サンアイ JCH 白黒フィルム STREET PAN 400 35mm 36枚撮り JCHSP400

サンアイ JCH 白黒フィルム STREET PAN 400 35mm 36枚撮り JCHSP400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rollei Prego MICRON

 どうもこんばんは。

 今日は夏みたいに暑くて困る。

 いきなりこうも暑いと体調崩しそう。

 

 さて今日は新しくカメラを手に入れたので、

 紹介したい。

 初任給カメラだ。

f:id:gingalittle:20170520170519j:plain

 どアップ。

 ローライプレーゴシリーズで、

 ナンバリングではないやつ。

 他のプレーゴシリーズは基本的にメイドインジャーマニーだけど、 このカメラには記載がない。

 何を隠そう、こいつは日本製だ。

 そして特徴的なボディをしている。

 何かに似ている。

 そう、リコーのR1だ。

 こいつはどうもR1のOEMらしい。

 まあスペックは完全に同じだし。

 つまり、フィルムが先に巻き上げられるタイプのカメラ。

 間違って裏蓋を開けても、

 撮ったコマは無事とかいうもの。

 そして30mmと24mmのパノラマ機能がある。

 こういうコンパクトカメラのパノラマって、

 上下をマスキングしているだけなんだよね。

 

 R1でこのマスキング部分を取り去って、

 24mmフルサイズにする改造もある。

 つまり、OEMのこのカメラも出来るということ。

 改造するか非常に迷う。

 

 まあとりあえずは写りだ。

 

f:id:gingalittle:20170520171705j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 まずは最短距離で。

 イケアの袋にピントが来ている。

 

f:id:gingalittle:20170520171958j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 ポートレートで。

 周辺光量がそこそこ落ちるため、

 こういったシチュエーションではダイナミックになる。

 四隅の解像力は中心に比べて低い。

 

f:id:gingalittle:20170520172437j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 解像力落ちがよく分かる例。

 左の男性はけっこうぼやぼや。

 

f:id:gingalittle:20170520172724j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 まあプラカメにしては上等な写りだと思う。

 リコーR1もレンズが良くて話題になった。

 このカメラに付いているレンズはシュナイダー製だけど、

 果たして本当にそうなのか。

 HFTコーティングらしいけど本当なのか。

 

f:id:gingalittle:20170520173246j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 縦位置で。

 ビッグミニよりかは軟調な写り。

 

f:id:gingalittle:20170520173519j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 撮る音はうるさくないが、

 巻き戻し音がうるさい。

 そこがかわいいんだけど。

 

f:id:gingalittle:20170520173733j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 露出制御はそこそこ、

 というか大きく外したりしない。

 しかし、基本的にアンダーに写る。

 ネガを見ても気持ち薄め。

 ニコン35Tiとは真逆だ。

 ただ、露出補正は出来ない。

 そこが惜しいところだなあ。

 多分リバーサルを詰めることはないと思うけどね。

 

f:id:gingalittle:20170520174208j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 5月といえばバラだ。

 中之島バラ園にはさぞ人が集まっただろう。

 近距離での撮影の方がいい写り方するかな。

 

f:id:gingalittle:20170520174536j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 試写ために神戸に帰ってきて、

 定位置で撮影というわけではない。

 たまたま同期を神戸に案内する約束があっただけ。

 いくらなんでもアンダーに写りすぎじゃないかなあ。

 周辺光量落ちが激しい。

 トンネル効果バンザイとは言えない。

 

f:id:gingalittle:20170520174802j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 ブラパチするより、

 「これを撮りたい」と思ってシャッターを切るほうが

 いい写真が撮れる。

 このカメラはそういうタイプだ。

 

f:id:gingalittle:20170520174945j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 これがベストかな。

 アンダーに撮れる癖が幸いした。

 

f:id:gingalittle:20170520175115j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 逆光耐性はこんなもん。

 ファインダー内ではもっとギラついていたので、

 暴れるかと思ったがマシだった。

 さすがHFT。

 実はただのリコーのコーティングだったりして。

 

 今回はこのへんで。

 ああカメラもレンズももっと欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NATURA1600死す

 ということだ。

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、

 来年3月だったっけ、NATURA1600がディスコンになる。

 まだ消費者向けに情報が公開されたわけではないが、

 業界の人なら知らされているだろう。

 ついにカラーの高感度もダメか…

 このデジタルな世の中、

 高感度フィルムはいらないと。

 どんどん淘汰されてるな。

 

 ぶっちゃけ、NATURA1600よりも

 Venus800とか400の高い方とか

 もっと減らすべき製品があるのになあ。

 800ならロモがあるし。

 

 このフィルムが無くなるということは、

 NPシステムを持つカメラの特性が

 一つ失われるということである。

 KLASSEとNATURAの相場が下がりそう。

 嬉しいけど悲しい。

 

 最後だからNATURAを褒めておこう。

 設計が新しいから、

 Venus800よりも高画質だ。

 旧設計のVenusこそ淘汰すべきだったのに。

 まあ高感度フィルムは売れないんだろうね。

 特にNATURAは高いから。

 少し硬めに写るけど、

 思いの外よく写る。

 感度1600で使うと、

 色味が少し濁る。

 でも1段2段オーバーにすれば問題ない。

 

 さあそこのあなた。

 普通の値段で買えるのは今だけだ。

 まだ大量に在庫があるようで、

 しばらくはなくならないが、

 それも今年までだ。

 決して使いやすいフィルムではないが、

 なくなるとなれば使いたくなる。

 

 今度見かけたら買ってみよう。

 できるだけ安く手に入れたい。

 

 3本くらい使ったらコンテンツにする。

 ではこのへんで。

 あ、そうそう、

 写ルンですの1600はディスコンではないらしい。

 本当かなあ?

 

 

 

 

Helios44で春を写す

 どうもこんばんは。

 まーた2週間もあいちゃったよ。

 でもようやくフィルムを撮りきって、

 少しずつ更新を増やせそうな。

 あとは一日一枚は撮るようにしている。

 仕事にも慣れてきて、

 徐々に他のことをする余裕が出てきた。

 嬉しい限りだ。

 

 さて今回はつなぎとしての写真紹介。

 久しぶりにヘリオスを使った。

 やっぱりいいレンズだ。

 

f:id:gingalittle:20170511221058j:plain

f:id:gingalittle:20170511221340j:plain

f:id:gingalittle:20170511221419j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 桜の季節はとっくに終わり。

 一呼吸おいたら梅雨。

 梅雨でもカメラを持ち出そう。

 雨に強いやつだな。

 

f:id:gingalittle:20170511221857j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 かなり良く写るし、特徴的なボケもある。

 なんていいレンズなんだ。

 元になったビオターも欲しい。

 ツァイス病とでも言うか。

 

f:id:gingalittle:20170511222201j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 GWに名古屋に行ってきた。

 前回行ってから半年も経っていない。

 それくらい名古屋めしが好きなのだ。

 他のカメラでも撮ったので、

 それはまた紹介する。

 

 で、この場所は伏見駅の地下である。

 古臭い飲み屋が数件あって面白い。

 昭和な雰囲気の通りだ。

 大好物である。

 

f:id:gingalittle:20170511223212j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 開放でもピントを合わせたところが滲んだりしない。

 ロシアンレンズは当たりハズレがあると言うが、

 この個体は当たりだと思いたい。

 

f:id:gingalittle:20170511224955j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 うしろのおじさん…

 なぜトリミングしているかというと、

 ネガの右側が写っていなかったからだ。

 シャッタームラによるものだろう。

 帰ってから速度を見てみたら、

 1000分の1がだめ。

 2回に一回は半分開いていない。

 後幕がだめなのか。

 なんとか修理したいなあ。

 

f:id:gingalittle:20170511225630j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 ヘリオス的なボケ。

 かっこいい。

 

f:id:gingalittle:20170511225811j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 ちゃんと開いた例。

 今回もノリタケの森に来た。

 前回来た時は、

 ガラガラで誰もいなかったのに。

 GWということもあって、めちゃくちゃ多かった。

 

f:id:gingalittle:20170511230032j:plain

 Rolleiflex SL35 + Helios-44M 58mm F2 + フジ記録用400)

 逆光でもなかなか頑張ってくれた。

 フレアとコントラスト低下は仕方ない。

 もっと暴れるかと思った。

 絞ったおかげだな。

 

 まあ今回はこんなもんで。

 来週は2回更新できるといいな。

 それでは。