読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

Rollei XF35と後ピン その後

カメラ

 どうもこんばんは。

 寒くなったと思ったら今日はとても暖かかった。

 さて久しぶりの更新は、

 二重像を調整したローライXFのお話。

gin-yuta.hatenablog.com

 購入してからフィルムを3本ほど詰めて撮った結果、

 どうもピントが甘かったり、後ろの方にいってたりした。

 プログラムEEのため日中は絞るしかない。

 だからこそ気づくのが遅れた。

 今回はリベンジ戦である。

f:id:gingalittle:20161119201921j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 これまた昼間に持ち出したので、

 できるだけ暗い場所でパチリ。

 ピントを合わせてからCDSの受光部を手で覆うと、

 マニュアルチックな撮り方が出来る。

 と言っても、シャッタースピードと絞りは組み合わせが決まっている。

 この写真はそういう方法で、開放で撮った。

 本来はF4くらいだったはず。

 このカメラの絞りは独特な形なので、

 ボケはうるさくなりがちだ。

 まあでも開放でこれなら、

 ピントは概ね合っているだろう。

f:id:gingalittle:20161119203258j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 寄れないってのはなかなか難しい。

 この手のカメラだから最短はだいたい1m。

 ある程度距離があったほうがいいかなあ。

f:id:gingalittle:20161119203537j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 絞るともちろんしっかり写る。

 写真やさんによると富士フイルムのフィルムは、

 赤がよく出るらしい。

 もちろん全部ではないけど。

 なんとなく、このカメラのゾナーは少し赤が出やすい気がする。

 QBMのプラナー50/1.8も赤が出やすい。

 そういうことなのだろうか。

 青くてふんわりした写真が流行りなので、

 赤で頑張ってみようかな。

 ということは紅葉の今がチャンス。

f:id:gingalittle:20161119204236j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 逆光には弱い。

 そんながっつり光入れてるわけでもないのに。

 フィルム室の素材がてかてかしてて、

 これ内面反射大丈夫かよとは思っていた。

f:id:gingalittle:20161119205101j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 右も左も滲んじゃう。

 ゴースト祭り。

 ハレ切りしたい。

 なんとかうまい具合に生かせないだろうか。

 人物でも撮ってみるか。

f:id:gingalittle:20161119205251j:plain (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 かと思えばスッキリした描写もする。

 順光で撮ればね。

f:id:gingalittle:20161119205436j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

f:id:gingalittle:20161119205528j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

f:id:gingalittle:20161119205632j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 昼と夕方。

 夕方撮った開放の甘々な方が好きだ。

 ぼやっとしていて面白い。

 これはモノクロのほうが面白いかもしれない。

 フォマの100か200でも詰めてみよう。

f:id:gingalittle:20161119210036j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 黄昏時の不安定さをよく表現してくれている。

 味わい深い。

f:id:gingalittle:20161119210308j:plain

 (Rollei XF35 + Sonnar 40mm F2.3 + FUJICOLOR100)

 最後はしっかりと。

 今回は縦位置で撮ることが珍しく多かった。

 40mmの画角のおかげか。

 ピントのズレも直ったことだし、

 これからも使っていこう。