ゆったりフィルム

斜陽文化のフィルムカメラをゆるく使ってお伝えしていきます

オートコンパクトフィルムカメラのススメ

 どうもこんばんは。

 部屋探しとか仕事で忙しい。

 なので簡潔に。

 オートコンパクトカメラをけっこう使ってきたので、

 そろそろまとめてみてもいいんじゃないかと思った。

 

 できれば今からフィルムカメラ始める人に見て欲しい。

 基本的にはオートコンパクトを紹介するつもり。

 写ルンですよりもっと足を踏み入れてみようぜ的な。

 それで物足りなくなれば一眼レフなりレンジファインダーなり買うといい。

 

Konica BiG mini

Konica Big Mini BM-201

 

 まずはこれ。

 紹介する中では一番安いかも。

 だが侮ることなかれ。

 とても良く写る。

 流行ってよく売れたらしいので、

 それなりに市場に出回っているが

 故障品も多い。

 背面液晶が消えていたら買ってはいけない

 つまり裏蓋開閉部(番のとこ)のフレキが断線しているものはNG。

 

 今の価格はだいたい5000~1万円ちょっとだろうか。

 びっくりするほど値上がりしている。

 ついこないだまでは3千円くらいで買えたのにね。

 ちなみに上位機種のBig mini Fはいい状態でだと2万円以上する。

 恐ろしい。

 使いにくいところは、露出補正ができないところと

 フラッシュ非発光を記憶できないことだ。

 電源を落とすとオートフラッシュになる。

 

 測光性能は悪くない。

 が、明るいところに引っ張られやすい。

 明暗差には弱いと思っていい。

 AFは遅め。

 以下実写。

 

f:id:gingalittle:20161231111936j:plain

f:id:gingalittle:20161231114202j:plain

f:id:gingalittle:20170614224934j:plain

 (Konica BiG mini + KONICA LENS 35mm F3.5 + FUJICOLOR C200)

f:id:gingalittle:20170614225529j:plain

f:id:gingalittle:20170614225554j:plain

f:id:gingalittle:20170614225724j:plain

f:id:gingalittle:20170614225805j:plain

f:id:gingalittle:20170614225825j:plain

f:id:gingalittle:20170614225855j:plain

f:id:gingalittle:20170614225919j:plain

f:id:gingalittle:20170614225942j:plain

f:id:gingalittle:20170614230115j:plain

f:id:gingalittle:20170614230205j:plain

f:id:gingalittle:20170614230308j:plain

 (Konica BiG mini + KONICA LENS 35mm F3.5 + 記録用100)

 

 どんなものだろうか。

 僕としてはクローズアップモード時のボケが好き。

 前4枚はノーリツ無補正スキャン。

 後はカメラのカツミ堂のスキャン(富士フイルムフロンティア、補正あり)。

 

 人を入れて撮ったほうがいい感じだなあ。

 露出の癖をまだつかめていないので、

 スナップがしっくりこない。

 

 基本的にきっちりかっちりとした写り。

 あの小さなボディからは考えられないほどの写り。

 遠景より近景、ポートレートが強いと思う。

RICOH R1

Ricoh R1

 お次はこれ。

 リコーから発売されていたオートコンパクト。

 このカメラもレンズに定評あり。

 そのおかげか改良型が出たり、

 高級版が出た。

 GR21とかめっちゃいい値段すると思うよ。

 

 スペックはビッグミニとほぼ変わらない。

 露出補正できず、フラッシュ設定も記憶できない。

 ただ操作性はこちらの方が格段に上。

 そして多分ビッグミニより耐久がある。

 そして薄い。

 だから軽い。

 特筆すべきことでもないけど、30mmと24mmのパノラマつき。

 使わない。

 むしろ特筆すべきはプリワインディング方式か。

 フィルムを最初に全部巻き上げちゃうやつ。

 

 ほな作例。

 OEM版のローライプレーゴミクロンだけど一緒だからね。

 気にしないでね。

 

f:id:gingalittle:20170520173519j:plain

f:id:gingalittle:20170520174536j:plain

f:id:gingalittle:20170520174802j:plain

f:id:gingalittle:20170520174945j:plain

f:id:gingalittle:20170520171958j:plain

f:id:gingalittle:20170614233816j:plain

f:id:gingalittle:20170614233857j:plain

 (Rollei Prego MICRON + AF-Curtagon 30mm F3.5 HFT + フジ記録用100)

 色がこってり。

 というのも、アンダー気味に写るからだ。

 それがこのカメラの癖であり味であろう。

 ビッグミニより陰影表現が絶妙。

 しかし周辺光量落ちと周辺部の解像力低下が顕著。

 あとAFは遅め。

 

 スキャンはキタムラ。

 やはり青く補正される。

Nikon35 Ti

Nikon 35Ti

 ニコンの高級コンパクト。

 ボディ上部にアナログメーターがあるのが特徴。

 でもあまり受けなかったそう。

 しかし高級コンパクトだから性能は折り紙付き。

 レンズも良いが、測光性能が良いと思う。

 普通に撮れば少しオーバー目、

 つまりネガがはっきりしている。

 露出補正がプラスマイナス2段あり、

 3分の1ずつ補正できる。

 3分の1マイナス補正すると、

 ポジでもちょうど良くなる。

 

 やはりなんといっても持つ喜びが大きい。

 チタンボディにたくさんの機能。

 特別なカメラっぽい。

 

f:id:gingalittle:20160907223129j:plain

f:id:gingalittle:20160721185445j:plain

f:id:gingalittle:20160519223645j:plain

f:id:gingalittle:20160318191353j:plain

f:id:gingalittle:20160216224013j:plain

f:id:gingalittle:20170124004450j:plain

f:id:gingalittle:20170123221502j:plain

f:id:gingalittle:20170215232947j:plain

f:id:gingalittle:20170615233748j:plain

 少し線の太さがあるものの、

 写りに関しては満足できると思う。

 絞り優先オートもあって使いやすくはある。

 まあもっと写りの良い高級コンパクトも存在するけど。

 

 難点としては、

 フラッシュ非発光がボタン押し込み式なこと。

 ボディ正面向かって右下にボタンがある。

 そこを押し込みながらシャッターを切らなければならない。

 これが意外と邪魔くさい。

 慣れた今となっては問題ないけど。

 押し込み式からスライド式になっているモデルもある。

 厳密に言えば、ニコンでスイッチを交換してもらったものだが。

 

 僕が一番良く使うコンパクトだ。

 少し贔屓目に書いてしまったかもしれない。

CONTAX T2

 

IMG_2877

 ザ・高級コンパクト。

 今でも根強い人気がある。

 市場にも多く出回っている。

 ただ高い。

 ここ最近では5万以上したりする。

 言わずもがな銘カメラ。

 

 デザインも良いし、写りも良い。

 ただ気をつけたいのは、

 撮影最短距離が60cmで、AFの中抜け現象が多いこと。

 フィルムを1コマでも無駄にしたくはあるまい。

 でも露出補正はできるし、絞り優先オートも出来る。

 開放での絞り優先は出来ない。勝手にプログラムになる。

 操作性はNikon35Tiを上回る。

 シャッターボタンを押しっぱなしにすると、

 連射できる。

 

f:id:gingalittle:20170130224920j:plain

f:id:gingalittle:20170130223912j:plain

f:id:gingalittle:20170130224216j:plain

f:id:gingalittle:20170209010216j:plain

f:id:gingalittle:20170619232744j:plain

f:id:gingalittle:20170619232816j:plain

f:id:gingalittle:20170619233018j:plain

 

 まあこってりとして硬めの写り。

 芯があるとでも言うか。

 画面端が流れるということもなく、

 とても良く写る。

 平成のフィルムカメラだし当然か。

 逆光性能も申し分ないくらい。

 ただ現代のデジタルと比べると遜色ありまくり。

 比べるべきではないな。

 

 さてどうだっただろうか。

 気に入った写りのものはあっただろうか。

 もしも家に眠っていたりすれば是非使って欲しい。

 

 そして写ルンですユーザーの人はステップアップして欲しい。

 また新しいオートコンパクト手に入れたら追記したい。

 

 

 

 

 

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)